屋根塗装の縁切りとは?

こんにちは、みらいペイントの川上です!

塗装についてのご質問いただいておりますので関連情報をこちらで書かせていただこうと思います。

縁切りは屋根塗装作業で必要

縁切りとは、スレート系屋根塗装の際に屋根材の隙間を作る工程をさします。

一部の屋根材の内部は雨が入り込む性質があるため、水の出口がないと裏側に水がたまって結露が発生し、屋根裏を腐食させてしまいます。

最悪の場合は雨漏りするでしょう。

そうならないよう、屋根材の内部にある水を外に逃がす隙間が必要なのです。

屋根塗装をすると水の逃げ道である隙間が塗料でふさがれてしまいます。

このため、屋根材の裏側に水がたまらないよう隙間を作る道具の1つがタスペーサーです。

カッターや皮すきで代用可能

実は、タスペーサーを使わなくても塗装後にカッターや皮すき(独自の形状をした金属ヘラ)で縁切り作業ができます。

ただし、タスペーサーに比べて塗装の見栄えが悪くなるでしょう。

詳しいデメリットは後ほど紹介します。

使わなくても塗装作業は可能なため、タスペーサーを利用するかどうかは依頼主の好みに近いです。

業者がタスペーサーをすすめてこないからといって、低品質な工事をする悪徳会社だという指標にはなりません。

悪徳業者を見抜く基準にはしないよう気をつけましょう。

スレートが割れるおそれがある

劣化して耐久性が低下しているスレート屋根にタスペーサーを使うと、割れるおそれがあります。

ただし、適切なメンテナンスをしているスレート屋根であればタスペーサーを使って割れる心配はほとんどありません。

基本的に、タスペーサーを使った場所に人が乗っても割れない程度の耐久性はあります。

お問い合わせいただいた質問もこちらでもお答えさせていただきます。

つくばみらい市はもちろん守谷市・取手市・常総市・つくば市・牛久市・龍ケ崎市

外壁塗装や屋根塗装や雨漏りなどお悩みでしたら小さなことでも是非みらいペイントにご相談ください。

まずはお問合せ下さい!お待ちしております。

あわせて読みたい
無料お見積依頼・お問い合わせ 【無料相談、無料診断、無料お見積りはお気軽にお問い合わせください。】 外装・屋根のプロが最適なご提案をさせて頂きます みなさんこんにちは。みらいペイント 代表の...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる